HYIPとは

ビットコインでHYIPに挑むブログ

HYIPとは?

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。私はビットスターといいます。これからビットコインを活用した

投資(HYIP案件投資)について色々語っていきたいと思います。

 

本日は基本的な話です。

ビットコイン投資でよく見かけるHYIPとは、何を意味するのでしょうか。

 

そもそもHYIPとは「High Yield Investment Program」の略で、高利回りの

投信案件を指します。

 

ここで誤解が生じるのですが、ビットコイン投資とHYIP案件というのは

本来関係がありません。ビットコイン投資=HYIP投資ではないわけです。

 

高利回りの投資話というのはビットコインが生まれるよりも遙かに昔から

存在していたはずです。

 

そしてそのほとんどが詐欺のような案件であったことも想像に難くありません。

 

高利回りは言うまでもなくハイリスク・ハイリターンな訳で、世の中に

ローリスク・ハイリターンという案件はありません。自分のなかでリスクを

いかに管理するかで、自身の運用においてはローリスクにすることができる

人が一流の投資家である問い事だと理解しています。

 

私も一流の投資家を目指して、日々勉強している一人です。

 

さて話を本筋に戻すと、なぜビットコインとHYIP案件が急に関連ワードとして

世の中に出てきたのかということを書きます。

 

HYIP案件は昔から世界中で存在していたはずなのですが、ほとんどの日本人が

その案件に触れることがなかったということだと思います。

 

海外の案件であれば、決済通貨はその案件を取り扱っている団体の国の通貨で

あることが多かったと思います。

そうすると米ドルはともかく、マイナーな国の通貨では為替の変動リスク、

そもそもその通貨を調達する手段がないということで、投資したくても

できなかった訳です。

 

ところがビットコインに代表される暗号通貨は、世界共通の通貨(のような

もの)として認識され、取引されるようになりました。

 

その結果、海外のHYIP案件を扱う団体の中には日本をそれなりの規模の

マーケットと考え、インターネットを通じてさまざまにプロモーションを

行い、出資を募る価値が生じた訳です。

 

故にHYIPの中にはビットコインではなく、ドル建ての案件が結構あります。

ビットコインをいったん専用のサイトでドルに替えてから投資するという

事になります。

 

もちろんビットコインで運用するHYIPもありますが、この違いも私は

優良なHYIP案件を見抜く一つの方法になると考えています。

 

具体的な理由や考えは、個別に記事にしていきますので、そちらも是非ご覧

ください。

 

それではこれから当サイトをよろしくお願いします!

 

いつもご覧いただきありがとうございます。
このサイトが役立ったと思ったら、押してくださるとうれしいですm(_ _)m

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
自己紹介
ビットスターと言います。
2017年1月からビットコイン投資を始めました。最初は損害を出してしまいましたが、それから色々勉強してようやく勝つためのスタイルを確立できてきました。
これまで学んだ事を書きつつ、私の実際に投資を行っている案件もご紹介します。結構日本ではマイナーな案件も取り扱っています。
人気の投稿とページ
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ