HYIPは詐欺?危険?そんなの百も承知、それでも挑むビットコイン投資!

ビットコインでHYIPに挑むブログ

優良なHYIP案件の判断方法

読了までの目安時間:約 7分

こんばんは。ビットスターです。

 

今回は、数々の失敗から学んできた私が優秀なHYIP案件と判断する基準について書いてみたいと思います。

 

実績の運用日数が長すぎない

HYIPの99%(私は100%と思っています)が、詐欺まがいの案件であり、積極的な詐欺であっても資金繰りに困って仕方なく破綻するかであっても、結局破綻してしまえば、出資者にお金は戻ってこない訳で、破綻の理由に意味はありません。

 

そもそもHYIPは利回りが高すぎるので、出資者が増加してこないと配当の支払いが出来なくなってしまいます。いわゆるポンジスキームな訳ですが、そうであるならば、実績の運用期間が長すぎる案件は危険と言わざるを得ません。

 

「○年に渡って運用してきたから安心」というのは無理があります。おそらく何らかの仕掛けがあって長期間運用出来たかのように見せている可能性の方が大きいと思います。

 

そして何より、仮想通貨投資がかなり認知されてきたので、良い案件に出資者が集中するという事が起こりやすくなっていると思います。そうなると一気に資金が集まり、すぐに破綻なり持ち逃げとなりやすくなっていると思います。

 

私は運用実績が60日を越えている案件には投資しないようにしています。運用開始10日~30日ぐらいの案件が良いのではないかと思っています。そこで満期まで1回転回して回収出来るところまで回収するという感じです。

 

日本人が多すぎない

最近これは色々なサイトでも言われている事で、日本人の参加者が多くなると案件は飛びやすくなっていると思います。

 

なぜなら日本人は投資額が他国に比べて相対的に大きいので、資金がふくらみ、配当も大きくなるので、新規加入者がいなくなるまで日本人が増加してしまうと配当の確保ができなくなり出金停止⇒破綻となる事が多いように思います。

 

最近の例では、ライトライズの破綻時は日本人のサイト訪問割合が35%で、2位ドイツの6倍も多いという状態になってしまっていました。そして最たる例は、私が大きく負けた(大きく突っ込んだ典型的なダメ日本人です・・・)アジアビッツです。

アジアビッツの1月のサイト訪問者国別ランキングはこちら↓

 

衝撃の96.8%が日本人という、もう完全に逝っちゃってますね。

こんなHYIPは間違いなくダメだと思います。

 

日本のサイトによる宣伝が多い

よって、「日本のサイトで紹介されまくっている案件はダメ!」これが私の判断基準となります。紹介料だけが欲しいサイトでは決して言わない不都合な真実だと思います。

 

まだ始まったばかりであっても、優良なHYIP案件っぽくみえても、日本のサイト(特に大手っぽいところ)が盛んに勧めているHYIP案件には手を出さない方が良いと思います。

 

特にサイト運営者が成功してて「元金回収、利益でウハウハ。まだ固い案件だと思いますよ」的な事を書いているHYIPは絶対に辞めた方が良いと思います。そうして消えていったのが、ライトライズであり、X-binayであり、アジアビッツしかり、Xaboなんかもそうでしょうね。最近ではLensen Groupなんかもそうではないでしょうか。

 

これをどう見極めるか、私ならその案件を英語名で検索してみます。

たとえば「Richmondberks」で検索してみてください。出るわ、出るわ、賞賛やおすすめ的な内容の紹介サイトが検索ページの3ページ目ですらぎっしり出てきます。このような案件はすでに「世界の」高額出資者である日本人が登録を終えている訳で、この状態で参戦してももう完全に遅いです。実際リッチモンドバークスは大盛り上がりのすえに先日飛んでしまいました。

 

英語名しか入力していないのに、日本語サイトがあふれていたら要注意です。

 

でも中にはこんな案件もあります。「tea house」で検索してみてください。まったくHYIPの情報は出てきませんが、「tea house hyip」で検索すると少しだけ出てきます。実はこのHyipは80日以上続いている、知る人ぞ知る優良案件です。

 

残念ながら私が見つけたときは、すでに60日以上経過しており、さらに太っ腹な投資案件を追加してきているので、危険な状態になってしまっていると判断され今からの出資はおすすめではありませんが、1ヶ月前に見つけていれば参戦して利益を得る事ができたように思います。

 

現時点でこの案件はおすすめできない

現時点で運用されている「優秀」とされている案件、「sportarb」はもう破綻寸前の危うさだと私は思っています。検索して確認してみてください。ものすごい数のサイトが紹介しています。別にこの案件がずっと続いてもそれは結果論であり別に良いのですが、私は絶対におすすめしません。

 

出資金を失う事は負けですが、見送って利益を取れなかったとしても負けではありません。大切な資金を失ったわけではないのですから。

 

新規案件でも「orscorp」はすでに虫眼鏡検索がついていますね。実際検索を少し広げると、多くのサイトが紹介しています。Sportarbよりはマシだと思いますが、ちょっと人気先行で危うさを感じて私は参戦を見送りました。

 

「じゃぁ、そんなマイナーかつ優秀な案件をどうやって見つけるのか」と思われるかもしれませんが、そこはサイト検索やリサーチ力をあげるしかありません。そして英語のサイトにも果敢にチャレンジすることが大事だと思います。英語だけでHYIPなどと適当な語句を絡めて検索してみる感じです。

 

ちなみに私もマイナーな案件をご紹介したいと思いますので、このサイトはたびたび見に来てくれるとうれしいです(笑)。

 

明日(3月26日)の夜、まだ日本ではほとんどなじみのない案件(今日私は出資しました)を紹介する予定ですので、是非チェックしてみてください。

 

いつもご覧いただきありがとうございます。
このサイトが役立ったと思ったら、押してくださるとうれしいですm(_ _)m

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
自己紹介
ビットスターと言います。
2017年1月からビットコイン投資を始めました。最初は損害を出してしまいましたが、それから色々勉強してようやく勝つためのスタイルを確立できてきました。
これまで学んだ事を書きつつ、私の実際に投資を行っている案件もご紹介します。結構日本ではマイナーな案件も取り扱っています。
人気の投稿とページ
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ