HYIPは詐欺?危険?そんなの百も承知、それでも挑むビットコイン投資!

ビットコインでHYIPに挑むブログ

寄付型HYIP AIDP2PBTCのアカウント作成方法

読了までの目安時間:約 6分

こんにちは。ビットスターです。

 

昨日おすすめの案件として紹介したAIDP2PBTCのアカウント作成方法を書きたいと思います。

(昨日の記事:低リスクのHYIP~寄付型HYIPに投資してみた

 

 

アカウント作成方法

上のバナーか、こちらをクリックして左上にあるSIGNUPボタンを押し、アカウント作成画面にいきます。

 

このような画面が出てくると思います。

 

①Username・・・ユーザー名を入力します。
②Email・・・Eメールアドレスを入力します。
③Password・・・パスワードの入力します。
④Confirm Password・・・パスワードを再入力します。
⑥First Name・・・下のお名前の入力を記入します。
⑦Last Name・・・苗字の入力を記入します。
⑧Security Question・・・秘密の質問を入力します
⑨Security Answer・・・その質問の答えを入力します。
⑩ロボットではありません、にチェックを入れて[Create Account]を押します。

 

これで登録完了です。簡単ですね。ちなみに名前とメールアドレスは寄付をされる時に寄付する人から見えるので、嫌な方は偽名&捨てメールを用意してください。

 

ダッシュボードに画面が表示されますので、最初に「Add your bitcoin wallet to receive donations」と書かれた青いボタンを押します。

 

ここは自分が受け取った寄付を送金するウォレットを入力します。BLOCKCHAINなどのアドレスで問題ありません。このとき先ほど設定した秘密の質問の回答を記入する必要があります。

 

ここでウォレットアドレスを設定しておけば今後の入金はすべて自動です。何もする必要はありません。

 

最初は寄付をする必要があります。GIVE&TAKEと言うわけですね。

 

「Upgrade to next stage」とかかれた青いボタンを押します。そうすると最初は、0.02BTCを送付する画面が出てきます。QRコードを読み取るか、アドレスを正しくコピーして送金するかして0.02BTCを送付(寄付)します。

 

この後、トランザクションハッシュコードを入力する必要があります。この案件で最も面倒くさいところですが、頑張ってください。

 

トランザクションコードがどこにあるのか分からない方は、

BLOCKCHAINであれば、トップページの「取引」⇒「コードを取得したい取引履歴をクリック」⇒「送信済みの文字の下の方にある四角に斜め右上を向いた矢印をクリック」⇒「取引の文字の下にある60個ほどの数字とアルファベットの羅列」がトランザクションコードです。

 

BreadWalletを使っている方は、「取引履歴」⇒「送金した履歴をクリック」⇒「一番上のid:と書かれたところにある60個ほどある数字」がトランザクションコードです。

 

このトランザクションコードを入力しないと反映されないらしいので気をつけてください。

 

また、アカウントの立ち上げから24時間以内に寄付を行わないとアカウントが凍結されるらしいので、ご注意ください。

まあ、凍結されても重複作成がOKのようなので、もう一度作り直せば良いだけですが。

 

あとは入金(寄付)されるのを待つだけなのですが、最初の0.02BTCで受け取れる寄付は0.02BTCを2人からのみです。2人の寄付を受け取ると次のレベルにアップグレードしないと寄付は受け取れません。レベル2にアップグレードするためには0.03BTCの寄付が新たに必要になりますが、すでに0.04BTCの寄付を受け取っているわけですので、最初の寄付と合計しても0.01BTCの投資に過ぎません。

 

速やかに寄付を受けるために、最初からレベル2にしておくのも良いと思います。私はそうしています。それでレベル1を超えたらレベル3にしておくという感じで常に一つ上のレベルにしておこうと思います。寄付がもらえるはずが、レベルが足りない場会に後回しにされるのはもったいないですからね。

 

いつもご覧いただきありがとうございます。
このサイトが役立ったと思ったら、押してくださるとうれしいですm(_ _)m

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
自己紹介
ビットスターと言います。
2017年1月からビットコイン投資を始めました。最初は損害を出してしまいましたが、それから色々勉強してようやく勝つためのスタイルを確立できてきました。
これまで学んだ事を書きつつ、私の実際に投資を行っている案件もご紹介します。結構日本ではマイナーな案件も取り扱っています。
人気の投稿とページ
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ