HYIPは詐欺?危険?そんなの百も承知、それでも挑むビットコイン投資!

ビットコインでHYIPに挑むブログ

現在のTradeBTCの状況

読了までの目安時間:約 8分

こんばんは。ビットスターです。

 

このブログを始めて最初に取り組んだHYIP案件であるTradeBTCの現在の状況について書いておきたいと思います。

 

もちろん現在も問題なく着金されております

 

サイトアクセスの状況

サイトのアクセス状況を見てみましょう。

 

これは3月1ヶ月間のサイトアクセス状況です。

 

2月末~3月上旬は5000PVぐらいでしたが、中旬から7500PVぐらいまで伸びており、その後はいったん5000PVまで落ちた事もありますが、最近は7500PVぐらいで推移しています。悪くない動きだと思います。

 

これが急激に上昇するのは困ります。またずっと5000ぐらいでうろうろと言うのもダメでしょうね。やはりゆっくりと上昇していくのが理想かと思います。

 

国別のアクセス状況

そして気にになる国別のアクセル数です。

ロシア、ウクライナに次いで3番目という順位になっています。そして1位でも14.44%、日本も10%しかありません。かなり多くの国に分散しているのが分かります。またロシアやイギリスなど先進国もしっかりランクインしているのも良いと思います。

 

このHYIPは始めはベトナムが多かったのですが、どうやらベトナムではそれほどはやらず、他の国に流れていったという状況ですね。問題のない結果だと思います。

 

日本での人気

最後に「TradeBTC」でグーグル検索をかけてみました。

 

画像は載せませんが、私のような貧弱なサイトが1ページ目に出てきます。日本で高い人気を受けているHYIPではないと言えます。運営開始から40日が過ぎている事からもはや目新しさはないHYIPであり、今後もじわっと新規が増えるという状況であれば、かなりの長寿も期待出来る案件かもしれません。

 

心配事は、なぜかグーグルでは検索されませんが、Yahoo検索では出てくる大手グループが扱いは低いものの紹介している点で、ここが長寿を理由にアピールを強めると危険信号かなと思います。

 

まあこのHYIPは元本償却なので、いったん投資してしまえば後は祈るのみという感じではあります。私の最初の投資は満期が60日なので(その後追加のものは90日)、5月中旬まで満期はやってきません。元本回収も4月下旬までかかります。

 

私は基本的に満期まで完走できたものでも2周目をやろうとは思いませんが、もしこのブログをご覧頂いている方で、これから始めてみようと思われる方がおられたら、4月中旬ぐらいまでなら、それなりに儲かる可能性があると私は考えています。

但しこのHYIPは土日は出金できませんので、その点はご注意ください(配当は付きます。月曜になったらまとめて引き出せます)。

 

破綻するとすればいつか?

私はHYIPをゲーム感覚で捉えており、このような予想も楽しんでやれれば良いと思っています。よって予想に責任はまったく持てませんが、現時点での私の予想を書いておきます。この後すぐに破綻したら笑ってやってください。

 

私は6月中旬~下旬ぐらいに危機が来ると思っています。

 

なぜか。

 

このHYIPは60日、90日、120日の3種類の満期があります。ただし120日の満期を受けるためには5BTC程度の投資をする必要があり、かなりの高額です。ここまで出せる人はあまりいないと思われます。

 

ところが90日満期にするためには0.5BTC程度からいけます。よって大多数を占め、HYIP運営者側にとっても重要なパイである中堅の投資家は90日満期で投資している人が多いのではないでしょうか。

 

そしてサイトアクセスの状況から、この案件は2月のスタートアップの時と3月の中旬に盛り上がりを見せています。この3月中旬に投資した人は1ヶ月弱の運用継続を見て投資しているので90日で勝負している人が多いと予想しました。

 

そうであるならば、彼らの投資が満期を迎えるのは6月中旬という事になります。

 

私はまだ新しい戦略でHYIP案件を始めて日が浅いのでHYIPで満期を迎えた事はありませんが、満期まで完走するというのは、おそらくかなりうれしいはずです。他のサイトを見ても満期までいけた案件は「超安定の優良案件」として再度宣伝されますし、「利益を生み出してくれたから恩返しの意味で再投資」なんて事を書いているサイトも非常に多く見かけます。

 

もうお分かりだと思います。この時期に再投資と新規投資者が集中する可能性があるわけです。そうなると一気に資金が集まりますので、持ち逃げには最適のタイミングとなります。またキチンと運用しているHYIPであってもここで大きく資金が増えたがその後新規加入者が出てこない場合は、利息の支払いがきつくなる可能性があります。

 

最近では「Lensen Group」がこのパターンで飛んで行きました。

 

そうなると6月中旬までに利益を残せる日数を逆算して、いつまでに始めておくべきかという計算が出来ます。このHYIPは元本回収まで40日かかりますので、4月下旬に始めた場合、元本回収が間に合うという事になります。

 

ただ元本を回収しただけでは、リスクをさらした意味がないので、それなりに利益も取る必要があると考えると4月中旬までには始めておいた方が良いという結論になったわけです。

 

むろん、こんな私の予想などまったく関係なく飛ぶときは飛びますし、今後の投資状況によって運営者側の状況も変わってくるので、単なる予想にすぎません。でもこのように色々考えて投資するのが私には楽しいし、何も考えずに投資するよりは結果が出たときの学びもより深くなると思います。

 

このHYIPに限りませんが、案件が飛んだらなぜ飛んだのかは、出来るだけ調べてその原因を推定し、次回以降の投資に生かして行きたいと思っています。

 

TradeBTCの紹介記事はこちら⇒TradeBTCに参入

 

いつもご覧いただきありがとうございます。
このサイトが役立ったと思ったら、押してくださるとうれしいですm(_ _)m

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
自己紹介
ビットスターと言います。
2017年1月からビットコイン投資を始めました。最初は損害を出してしまいましたが、それから色々勉強してようやく勝つためのスタイルを確立できてきました。
これまで学んだ事を書きつつ、私の実際に投資を行っている案件もご紹介します。結構日本ではマイナーな案件も取り扱っています。
人気の投稿とページ
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ