当サイトのコンセプトと構成

当サイト「システムトレードでマジに資産運用を目指すブログ!」にお越しいただきありがとうございます。サイト管理人のSandです。

このページでは当サイトのコンセプトと構成をお知らせしようと思います。

自己紹介はこちらのページでご確認いただくとして、当サイトのコンセプトは、一言で言うなら「イザナミを活用したシステムトレードで資産運用しよう」というものです。

私がシステムトレードを始めたのは2013年の夏からですが、あれから3年、システムトレードはかなり発展してきたと思います。それらの内容も多く記事にしていますので、それらを紹介できたらと思います。

では構成について説明したいと思います。

私がイザナミを使って実際に行ったトレードの記録を、営業日はほぼ毎日UPしてお伝えしています。文章が短いものが多いですが、時にはシステム開発やカスタマイズのヒントになる事も書いていますので、是非チェックして下さるとうれしいです。

次に私の株式取引の失敗の歴史について、6回にまとめて書いています。

株で資産運用 失敗編(1)
株で資産運用 失敗編(2)
株で資産運用 失敗編(3)
株で資産運用 失敗編(4)
株で資産運用 成功と落とし穴
株で資産運用 長期安定運用の道筋

このサイトにお越しいただく方の多くの方に、「裁量トレードで上手くいかず、何とかしたいとネットで調べていたら、当サイトを見つけた」という事を言っていただいています。

私自身もかつては裁量トレードで明確なトレード方針を持たずにトレードして大きな損失を計上した事もしばしばです。それらをまとめてみました。

この記事をご覧いただき、あなたにも同じような経験があるのでしたら、是非システムトレードをご検討いただければと思います。

続いてが、当サイトの内容としては最も充実していると自負しています「イザナミの活用法」です。イザナミは大変に優れたシステムトレードツールなのですが、ライセンスを取得してもいきなり活用できるわけではありません。

プログラミング等という難しいものは必要ないのですが、それでもそれなりの知識がないと、システムが作成できません。

イザナミの使い方に関するものから、販売ルールについて、そのカスタマイズ方法を記載していますので、古い時代の記事もありますが、イザナミを購入して分からない事が出てきたら、是非このカテゴリーを見てみる事をお勧めします。

イザナミの活用法の記事一覧
シストレを始める時の準備金はどのぐらい必要?
戦略を検証する時に気をつけたい点
DDとうまく付き合う方法
損切りやDDに耐えるメンタル力を鍛える前に
新規戦略を投入
スリッページの軽減対策
スイングキュルLUが1位!?
販売戦略をカスタマイズ
新着の販売戦略を考察してみました
売り戦略を作ってみました
ついに販売戦略「利極」を購入しました。
キャンドルストライクのカスタマイズ完了!
やっぱり私は「利極」推しですね
利極はやはり売れているようです
販売戦略を買うとすれば何を買うか?
ヒノカグ(ボラティリティ)を改造
ボラタンを復活させました
逆張り戦略の勝率をあげよう
久々の販売戦略ですね~コキュートス(L)
検証完了!新規戦略の狙い
順張りの新しい販売戦略を考察!
資金管理を考える
フィルターで除外されたシグナルの活用を検討
ナンピンをシステムに取り入れてみました
ボラタンから派生させた戦略
総合運用成績を検証してみました!
順張りの分散投資を考える
ヒノカグ(ブースター)を購入していたのですが・・・
「250万円で株式運用を始める」としたら
ヒュプノス【トランザム】を考察してみました
順張りの逆指値戦略で考慮したい事
2015年のシステムトレード目標と戦略構成
各戦略の相関関係を調べてみました
順張り同士でも補完を目指す、そして最も大事な事は…
新しい販売戦略を調べてみました
販売戦略のカスタマイズ方法~順張り
販売戦略のカスタマイズ方法~逆張り
カスタマイズの方向性
現在、逆指値の順張りシステムは危ない
バックテストと最適分散投資の乖離を考える
逆張りで仕掛け当日に利益確定するシステムについて
最近の販売ルール事情を考える
販売ルールを再活用
販売ルールのカスタマイズ例
カーブフィッティングになりにくいシステムの作り方(1)
カーブフィッティングになりにくいシステムの作り方(2)
事前フォワードテストを考える
暴落で「投げたそこが底だった」になる理由
久々に販売ルールのご紹介
イザナミでデイトレのシステムを作る時の注意点
イザナミは高いのか?
ボトレを販売ルールとしました!
CHASのスリッページ実績
S氏逆張りの私なりの活用法
カーブフィッティングだと思う理由
場合によっては資金を有効活用
バックテストと最適分散投資を考える
逆張りについて少し考えてみました(ご質問の回答)
現在販売ルールを買うなら…
かつての空売りシステムを公開

 

そしてもし、これからシステムトレードを始めてみようと思われたのなら、「システムトレードに必要なもの」シリーズの11個の記事を読んでみる事をお勧めします。

「システムトレードに必要なもの」記事一覧
システムトレードに必要なもの|基本1~検証ツール
システムトレードに必要なもの|基本2~資金
システムトレードで必要なもの基本3|システム
システムトレードで必要なもの応用1|システム開発力
システムトレードで必要なもの~応用2|資金設計(1)
システムトレードで必要なもの~応用3|資金設計(2)
システムトレードに必要なもの~応用4|メンタル
システムトレードに必要なもの~雑記1|満足できる利益とその先
システムトレードに必要なもの~基本4|トレード記録
システムトレードに必要なもの~雑記2|ドローダウンについて
システムトレードに必要なもの~雑記3|保有期間考察

システムトレードは世の中ではまだまだ多くの誤解を受けていると思います。その最たるものが、「システムを作って自動売買を行う」ものと思われているという点ではないかと思います。

これはシステムトレードのほんの一部分にすぎません。システムトレードはもっと奥深いものです。特に資金管理は、どの程度のリスクをとって利益を狙うのかにより、そのやり方が大きく異なります。

私はリスクを極力抑えて、安定して少しずつ増えていくような資産運用を目指してシステムトレードに取り組んでいます。

何か資産運用をしようと思われたあなたも、最初はそのような思いで始められたのではないでしょうか。ところが現実は負けてしまい目減りした資金を取り返そうと、大きすぎるポジションサイズを取ってトレードし、いわゆるギャンブルトレードになってしまっていませんか。

そういった事にも細心の注意を払いながら、コツコツとトレードするためには、システムトレードに対する正しい理解が必要だと思うのです。

イザナミというシステムトレードツールを導入するところから始める事になるシステムトレード(他のツールもありますが、イザナミで資産運用には充分です)ですが、イザナミの導入コストは決して安くありません。

それだけに多くの方が安定した資産運用ができるように、少しでも参考になるような記事を書いてきたつもりです。

最後に私はイザナミを使ったシステムの販売を行っています。

「ボトレ」というシステムと「ボラタンS」というシステムです。

ボトレの販売ページ

ボトレの関連記事
ボトレを販売ルールとしました!
想定外でした、ホントに感謝感謝です!
マーケットインパクトの確認方法
過剰な心配だとは思いますが
ボトレの弱点
ボトレのカスタマイズ履歴
指値=始値の問題をボトレで検証しました
完売御礼!ボトレが完売となりました
ボトレを確認がてら検証してみました

 

ボラタンSの販売ページ

ボラタンSの関連記事
ボラタンSをリリースさせていただきました!
業務連絡)ボラタンS中のボラタンGN仕掛けについて
ボラタンSの当日手仕舞い機能について
ボラタンSの過去履歴と今後の考察

ボトレはおかげさまで販売開始後5ヶ月に100本完売となっています。ボラタンSは残念ながら現在成績不振ですが、このシステムは様々な要素が盛りだくさんになっているシステムでかつ1万字以上の説明書がついているものなので、値段以上の価値があると自負しています。

そしてこれらの販売システムに関する記事も書いています。システムをお買い上げいただいてからご覧いただくとより理解しやすい事は間違いないですが、お買い上げいただかなくても参考になる部分はある内容と思いますので、こちらもよろしければ、是非ご覧ください。

イザナミを購入して販売システムを適当に数点買えば、明日からでもシステムトレードを行う事は可能なのですが、おそらくそれだけでは安定して資金を増やしていく事は難しいと思います。それほどやさしいものではありません。

しっかりと検証を行ってシステムをしっかりと理解し、資金管理を学ぶ等をする事で、必ず訪れるドローダウンとの付き合い方や、市場の暴落といったクライシス的な局面などにも対応できるようになります。

このサイトにお越しいただきましたあなたの今後の資産形成が素晴らしいものになる事をお祈りしております。今後ともこのサイトを是非よろしくお願いします。

Sand(最終更新日2016年9月18日)

いつもご覧いただきありがとうございます。
このサイトが役立ったと思ったら、押してくださるとうれしいですm(_ _)m
 にほんブログ村 株ブログへ ブログランキング


2 thoughts on “当サイトのコンセプトと構成

  1. tate masami

    システムトレードをするにあたって、どの検証ソフトを選ぼうかと考えています。しばらくこちらのブログを読ませてもらい参考にしたいと思います。よいブログのに出会えて良かったです。

  2. Sand Post author

    コメントありがとうございます。

    少しでも参考になるところがあれば幸いです。

コメントを残す