2016年3月のトレード結果まとめ

今月のトータル収支:+162,433円(税後)

日々の資金の推移はグラフのようになっています。

日々の推移(2016年3月)

トレードの勝敗は、33勝29敗、勝率53.2%でした。

1月と2月はボラティリティが非常に高く逆張りを中心に多くのトレードがありましたが、3月は一転して持ち合い相場となり、私のシステムでは最もシグナルの出にくい地合いが続きました。そのおかげで取引数は先月の1/3以下となりました。

トレードは順張りの割合が多かった事もあり、勝率も低かったのですが、なんとか月間プラスは確保する事ができました。相場の神様に感謝の日々です。

今月はボトレ、オシRR、SDR_X、キュルLB、OHBOという逆張りのシステムがまったくヒットしませんでした。ここまで逆張りが鳴りをひそめるのは初めての事です。

ただし現時点ではこの状況をそれなりに良いと評価しています。というのも、システムには優位性がある時にしか仕掛けてほしくない訳で、このような持ち合いの地合いでは優位性を持つ銘柄が出にくいと思われるからです。

勿論個別に動いていた銘柄はあったはずで、それを逃さずに仕掛ける事が出来ればさらに良い事は言うまでもないのですが、それは容易ではありません。下手に動いて負けるぐらいなら「待つも相場」で良いと私は思っています。

勿論この後は更なる発展のために、このような状況でも働くシステムの開発を目指します!

それではシステム別の成績を振り返りたいと思います。

ボラタン系

月次 取引数 買い金額計 売り金額計 単月損益 累計損益
2016年1月 55 18,014,800 18,802,600 773,792 1,438,845
2016年2月 58 20,041,900 20,345,500 288,552 1,727,397
2016年3月 2 616,800 595,000 -22,299 1,705,098

今月は0勝2敗であり、今年これまでの期待値は2.69%となっています。

先月は50回以上トレードしたこのシステムも今月はたったの2回、そして2連敗となっています。勿論全然気にしません。今の持ち合い相場が下に動けば出番が来て、また活躍してくれると思います。

キュルZU

月次 取引数 買い金額計 売り金額計 単月損益 累計損益
2016年1月 0 0 0 0 1,312,754
2016年2月 6 2,277,800 2,245,100 -34,311 1,278,443
2016年3月 21 7,860,900 7,744,500 -122,008 1,156,434

今月は8勝13敗であり、今年これまでの期待値は-1.54%となっています。

今月も残念ながらマイナスとなっています。ただ月初にマネパの仕掛け忘れがあり、あれを取っていればプラスの成績となっているはずでした。それだけにシステムに悪い事をしてしまったと反省です。

ドローダウンが長くなっていますが、今月末から徐々に回復傾向を見せてくれ、月末時点では含み益なので、ここには期待したいところです。

日経平均かMA(25)の下にきてしまったのでまたお休みなのですが、持ち合いは続いているので、上に離れればまだ活躍の場面はやってくると思います。

キャンドルR

月次 取引数 買い金額計 売り金額計 単月損益 累計損益
2016年1月 0 0 0 0 98,835
2016年2月 0 0 0 0 98,835
2016年3月 12 3,606,600 3,683,800 74,548 173,383

今月は6勝6敗であり、今年これまでの期待値は2.07%となっています。

2月までは出番がありませんでしたが、今月はそれなりの取引回数となり、勝率こそ5割ちょうどですが期待値は2%を超えると言う順張りの醍醐味とも言える成績を残しています。

まだ1ヶ月だけで不安が払しょくされた訳ではないのですが、昨年3月に大敗した時よりは改善されているように思えます。

もう少し様子見ですが、なんとか利益を積んでいってほしいですね。

トラウ改

月次 取引数 買い金額計 売り金額計 単月損益 累計損益
2016年1月 20 6,419,000 6,465,300 41,807 241,614
2016年2月 25 8,957,600 8,969,600 6,220 247,833
2016年3月 3 937,700 987,500 49,131 296,964

今月は3勝0敗であり、今月の期待値は0.60%となりました。

一番浅目の押し目狙いシステムなので、持ち合い相場でも少し出番があり、きっちり3連勝で利益をもたらしてくれました。2月の後半から11連勝中と好調を維持しています。

このシステムの真価は上昇トレンドの押し目狙いにあるので、そのような地合いが来る事を楽しみに待ちたいと思います。

CHAS

月次 取引数 買い金額計 売り金額計 単月損益 累計損益
2016年1月 17 10,360,290 10,533,000 169,201 1,460,623
2016年2月 14 8,039,490 7,775,710 -266,639 1,193,985
2016年3月 19 12,906,310 13,081,900 171,585 1,365,569

今月は12勝7敗であり、今年これまでの期待値は0.24%となっています。

先月大負けをしてしまったシステムなのですが、今月は見事に復活を遂げてくれました。ほっとしています。

2月の負けはまだ取り返せてはいませんが、成績は明らかに良くなっているので、4月にドローダウンを完全回復してくれることに期待したいと思います。

ING-B

月次 取引数 買い金額計 売り金額計 単月損益 累計損益
2016年1月 0 0 0 0 -25,648
2016年2月 5 1,804,800 1,815,000 9,226 -16,422
2016年3月 5 1,612,600 1,642,200 28,638 12,217

今月は4勝1敗であり、今年これまでの期待値は1.11%となっています。

昨年末に開発した逆張りのデイトレシステムなのですが、ここにきて期待通りの活躍を見せるようになってきました。

まだテスト期間なので取引金額は小さめなのですが、資金管理が極めて優しいデイトレなので、ちょっとサイズを大きくしていこうと思っています。着実な活躍に期待が出来そうです。

なお、ボトレなのですが、今月は残念ながらトレードがありませんでした。もしご購入様のなかでボトレしか運用していないという人(あまりおられないとは思いますが)には大変退屈な展開になった事と思います。

待つも相場は口で言うほど簡単ではなく、特にイザナミを導入したばかりの時に待つのはかなり難しいと思います。そういう意味でも複数のシステムは備えておく事は意味があると思います。

ボトレは昨年10月もトレード無しを経験していますし、1~2回しかトレードがなかったという月も結構あります。もちろん年間にすると60回以上はトレードがある感じなので、他のシステムを運用しながらじっくりとチャンスをお待ちいただきたいと思います。

さて、月間の運用利回りの推移を見てみます。

月間成績(2016年3月)

ついにやりました!12ヶ月連続で月間プラスとなり、1年間毎月プラスを達成する事が出来ました。1つの大きな目標だったのでこれは嬉しいですね。

というもの12ヶ月連続でプラスと言うのは偶然ではそうそう起こりえないと思えます。ブログで達成されているのはhamhamsevenさんぐらいではないでしょうか

システムの総合力になんらかの優位性があると言って良いのではないかと思います。それが一番うれしい事です。

ここまできたらとことん連勝を伸ばしたいと思っていますが、こういう時に限ってあっさり来月に負けたりするので、ここは気を引き締めて、新たな加わったシステムもあるので、それらとともに来月も頑張っていこうと思います。

いつもご覧いただきありがとうございます。
このサイトが役立ったと思ったら、押してくださるとうれしいですm(_ _)m
 にほんブログ村 株ブログへ ブログランキング


2 thoughts on “2016年3月のトレード結果まとめ

  1. こぺん

    はじめまして、sandさん
    こぺんと申します。

    今まで裁量で株トレードをしていましたが、上手く行かず、システムトレードに興味を持ちこのブログを参考にさせていただいております。

    ブログの中でsandさんが、システムトレードを始めるなら、まずは逆張りのストラテジーを2個、順張りのストラテジー1個で始めるのが良いと書かれていたのですが、オススメを教えていただけないでしょうか?
    ボトレは購入する予定です。
    そのまま使うのではなく、カスタマイズが必要なのは、理解しております。

    ご教授お願い致します。

  2. Sand Post author

    こぺんさん
    はじめまして、コメントありがとうございます。
    ボトレのご購入をご検討いただきありがとうございます。

    ご質問の件は、記事にしてみようと思います。他のコメントから
    書かせていただきますので、少し遅くなるかもしれませんが、
    少しお待ちくださいませ。

    その間に、hamhamsevenさんのブログを熟読される事をお勧めします
    (私のブログからリンクがあります)。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください