次の機会待ち

本日は手仕舞いも仕掛けもありませんでした。

本日の日経平均は変わらず、マザーズ指数は少し下落という結果でした。

5月末頃に下に行くかと思われた地合はその後持ち直し、また持ち合いレンジの中に入っているように思います。

こうなると私のシステムにとって一番機能しない持ち合い相場となります。

機能しないと言っても勝ちもなく負けもないという意味なので、無風の状態です。資金は遊んでしまうので勿体ないですけど。

しばらくはCHASやOHBOで個別に動いた銘柄をちょっとずつつまみながら相場が動くのを待つ展開となりそうです。

目線は下へ行くんじゃないかなと思いますが、それが何時になるかはまったくわかりませんね。

システムたちの指示通りにちゃんと動く事を心がけようと思います。

以下は余談ですが、今日ビットコインが1BTCで100万円を超えてきました。先週も少し超える場面がありましたが、短期調整の後今日も超えてきています。

BTCは春先は40万円程度だったので2.5倍になっています。

私は昨年大きな含み損を抱えたまま放置していたのですが、先週ポートフォリオを再編し年末に向けてワンチャンスを狙いにいこうと思います。

まだほとんどの日本人はビットコインの昨年の暴落の怖さから、この動きを懐疑的に見ていると思います。少なくとも今仮想通貨を買っている日本人は少ないはず。

と言うことはチャンスと言うことです。「相場は絶望の中で萌芽し、懐疑の中で育ち、熱狂とともに終わる」訳ですから。

今思えば「出川組」という言葉が出た時点で売るべきだった訳で、この程度も読めない自分の金融リテラシーはまだまだ低い事を思い知らされました。

今度こそ売り時を間違えないようにしたいものです。

なんとか少しでも昨年の含み損を取り返せたらなぁと淡く期待しちゃっています。

「stcatが作成出来るSand流システム構築術」という教材を販売中です。詳しくはこちら

 

いつもご覧いただきありがとうございます。
このサイトが役立ったと思ったら、押してくださるとうれしいですm(_ _)m
 にほんブログ村 株ブログへ ブログランキング