ボトレの歴史

本日の手仕舞い状況

ボトレ:+1.1万円(1銘柄)

本日の仕掛けと保有状況

RSS-S:-2.7万円(3銘柄)

本日の日経平均とマザーズ指数はともに小幅下落となっています。持ち合いレンジの中で上げたり下げたりの繰り返しが続いています。

多くの投資家が秋には下落があると考えている現状です。中には日経平均18000円割れを予想する人もいるぐらいです。

確かに秋に向けてネガティブな材料が多いのですが、こういう時はぎりぎりまで引っ張って売り方を焦らせるだけ焦らすというような動きをすることも多いので注意が必要かなと思います。

さて私のシステムでは今日はボトレが利益を上げてくれています。今日はボトレの歴史を簡単に紹介しましょう。

このシステムは2014年7月に運用を開始しています。2015年にそれなりに大きなカスタマイズを加えているのですが、もう5年も運用していることになります。

この間は一貫してアベノミクスの余波がある状態でやりやすい地合だったとは思いますが、それでもここまで大きなDDなく運用出来ているのは我ながら素晴らしいと思います。

その2015年の年末に私として初めてのシステム販売となり、半年も経たずに100本完売となりました。

販売開始直後はマーケットインパクトの影響がありましたが、すぐに回復し、私は販売開始後は一切中身を変えず、資金設計はやや大きめの金額で運用しています。

私のトレード実績では販売開始後、3年半で200回以上のトレードを行い勝率72.9%、利益はトレードベースで150万円を超えています。

お買上げ頂いた方には分かると思いますが、このシステムには点と点をつなぐ線のようなイメージで作成されており、これを応用すれば他のシステムでも十分に活用できるのではないでしょうか。

ちなみにこのシステムが販売された2015年の年末時点で他の販売システムは2000年からの運用益の合計が1000%を超えるものばかりでした。

そのなかこのシステムは500%ちょっとしかありませんでした。

私は単一のシステムで年平均50%の運用益を出すようなシステムは少なからずカーブフィッティングの危険性が高いと考えており、このような低い運用益のシステムを出す事はある意味冒険でもありましたが、その後販売ステムはこのぐらいの利益率に落ち着くものが増えていく事になりましたので、その点は良かったと思っています。

そして今年新しい商材を販売させて頂いていますが、お買上げ頂いた多くの方がボトレを購入されている方であり、そういう意味でもこのシステムにはとても感謝しています。

永遠に使えるシステムとは思いませんが、現在もまったくパフォーマンスは低下していないので、しばらくはしっかりと機能してくれるものと期待しています。

「stcatが作成出来るSand流システム構築術」という教材を販売中です。詳しくはこちら

 

いつもご覧いただきありがとうございます。
このサイトが役立ったと思ったら、押してくださるとうれしいですm(_ _)m
 にほんブログ村 株ブログへ ブログランキング