さらなる下落待ち

本日の手仕舞い状況

裁量:-4.5万円(1銘柄)

保有中の銘柄状況

裁量:-3.7万円(1銘柄)

本日の日経平均は上昇しています。ただ昨晩のNYダウが1000ドル以上も上げた事を考えると上昇幅は限定的と思われます。

私はこれからまだまだ下がると考えていることは先日書いた通りなのですが、現在日経平均の位置は25日移動平均から8%も下方に乖離しています。

それらの指標が追いついてくるのを待っているような状況とみています。

と言うのも日本はオリンピックという爆弾を抱えており、オリンピックが中止になれば、日本経済に大きな打撃がある事は明白だからです。

加えて新型肺炎はまだ収束が見えていない状況だし、今週から本格的になった自粛ムードが消費を著しく減退させていることも容易に想像が付くからです。

トランプが大統領選挙に勝った日は大きく日経平均は下げたわけですが、あの時はすぐに元に戻りました。

なぜなら大統領が替わってもすぐに経済に影響が出るわけではないからです(Brexitの選挙も同じですね)。

しかし今回の新型肺炎は実体経済に大きな打撃を与えており、これから経済指標は軒並み悪化していくことも想定されます。そしてそれらはまだ織り込まれているとは到底思えません。

このような実体経済のダメージを伴う株価の下落というのは長引くものと思います。

今私が想定している下落のシナリオで最悪のものは、オリンピックの中止から今回の騒動の責任を取って安倍首相の辞任(アベノミクスの終焉)というものです。

オリンピックの中止はこの状況ではかなり可能性が高いと私は思っており、それが明白になって市場が一旦混乱するまでは容易に買いを入れられないように思います。

システムは今基本的に休ませていますが、勿論毎日チェックはしており、そのシグナル数などで今回の下落をしっかり把握しておこうと思っています。

そういう意味ではシステムはただトレードに使うだけではなく、他の使い道もありますね。

「stcatが作成出来るSand流システム構築術」という教材を販売中です。詳しくはこちら

 

いつもご覧いただきありがとうございます。
このサイトが役立ったと思ったら、押してくださるとうれしいですm(_ _)m
 にほんブログ村 株ブログへ ブログランキング