下げすぎ相場と不吉な噂

本日の手仕舞いはありませんでした。

保有中の銘柄状況

ボトレ:-5.7万円(5銘柄)

ボラタンS:-4.2万円(1銘柄)

裁量:-6.7万円(1銘柄)

本日の日経平均は暴落となっています。それよりも凄まじいのがマザーズ指数で約10%の下げで上昇した銘柄はわずかに3銘柄のみという状況です。

さすがに金曜から買いで持ち越していた方は大きな被弾を避けられないものと思います。

私は幸いほとんどポジションがなかったのですが、今日は朝からボトレに仕掛けを打ちました。それでもさらなる下落に飲み込まれ大きな含み損となっています。

ボラタンSでも1銘柄だけ仕掛けたのですが、ストップ安に沈んでしまいました。厳しいですね。

それでもこの程度の含み損ならまだマシと言わざるを得ない惨状です。

私は先週からまだ下がる余地が大きいと書いてきました。そう書いて居るぐらいですから、仕掛けず先物を売っていました。

勿論大きな含み益となったのですが、今日の朝一で手放してしまいました。

(まあそれでも去年の負けが取り戻せていないという・・・)

う~ん、ここでさらに握り続ければ夕方にはさらに1000円下がるというとんでもない事になっていましたが、私ごときではそれは無理でした。

さてこの下落、イタリアの北部が閉鎖されるというショッキングなニュースなどインパクトは確かにすごいのですが、それだけでこの下落というのはちょっと解せません。

日本にはオリンピックというさらなる爆弾を抱えていることはずっと書いてきていますが、ヨーロッパやアメリカのこの惨状はどうしたことでしょうか?

ここで最近の情報収集の中から極めて不吉な噂が出てきています。

これはまだ真偽ははっきりしません。くれぐれもその点はご認識下さい。

何かというとコロナウイルスは「再発」がかなり出ているという点です。

皆さんもそういうニュースを一度は見たことが有るのではないでしょうか。

これ、とんでもない可能性があります。

「再感染」ではないのです。

一度感染し、表面的には完治したように見え、退院した人が再び発症してしまうという事です。

これが意味するところ、単に十分に完治していなかっただけであれば良いのですが・・・。

もしHIVやヘルペスなどのウイルスと同様、一度人間の体内に入ってしまうともう完治しないという可能性がある訳です。

ウイルスには前述のような完治しないウイルスが存在します。

もしこれが真実なら確実にパニックになります。

HIVなどは血液や体液などかなり濃密な接触がなければ感染しない、感染力が非常に弱いウイルスなので予防のやり方もありますが、コロナウイルスの場合飛沫感染などかなり容易に感染する訳ですからその恐怖は相当なものがあります。

そしてこれを世界のいわゆるトップクラスの要人のみが知っているとして、それが公表できないでいるという可能性です。

たまにSNS等を見ていると、「早めに感染して免疫力を付けた方が・・・」という方を見かけますが、それは今はリスクが高すぎると言わざるを得ません。

しかも再発は致死率が高いという可能性も大いにあります。

勿論そんな事はなく、今回の暴落は実態のない経済に対する健全な価格調整であれば良いし、私もそれを強く望みますが、それでも今は感染しないよう細心の注意を払おうと思っています。

「stcatが作成出来るSand流システム構築術」という教材を販売中です。詳しくはこちら

 

いつもご覧いただきありがとうございます。
このサイトが役立ったと思ったら、押してくださるとうれしいですm(_ _)m
 にほんブログ村 株ブログへ ブログランキング